鹿茸

精力の衰えに効果がみられるとして知られている精力剤ですが、いろいろな種類があり、自分の目的に合ったものを選ぶのはとても難しいですよね。

今、精力剤で一般的なのは漢方でも使用される生薬を調合して作られているものです。

生薬は自然のもので出来ているので、体に優しいとされ人気を高めています。しかも、漢方生薬の多くに健康成分も含まれているので精力増強を目的だけでなく、健康増進を目的としても使用することができます。

漢方系の精力剤の成分をみると、植物由来のものや動物由来のものがありますよね。その中でもよく見かける生薬に"鹿茸"があります。

"鹿茸"は鹿の角を現していますが、主に春に脱落した後に新生する幼角を乾燥したものです。鹿茸は漢方薬としての歴史は古く、強壮や強精、長寿を目的としてよく利用されており、日本でも昔から生薬の一つとして使用されてきました。

なぜ鹿の角にこのような効果がみられるのでしょうか?

実は、鹿茸から抽出された液には、副交感神経興奮効果があることが分かっているからです。さらに言うなら、鹿茸は若ければ若い鹿の角であるほど、骨髄密度が高く、栄養や各種健康成分の含有量が充実しているのです。

この鹿茸の効果に関しては、その効果が明らかに証明されています。

インヨウカクの栄養