インヨウカク

精力増強に効果が高いとされている漢方生薬に、淫羊霍(いんようかく)という生薬があります。精液の分泌を促進する成分である、エピメジンやイカリイン、マグノフリン、などが含まれていることがわかっています。

精液の分泌を促すことは、「精子を放出したい」という性欲につながり、それが結果的に精力増強につながるのです。この淫羊霍は日本にも生息しており、イカリソウと呼ばれています。淫羊霍に対して、和淫羊霍と呼ばれることもあります。

この主成分であるイカリインには一酸化窒素の値を上昇させる作用があり、バイアグラ同様に勃起を収めようとするホスホジエステラーゼ(PDE-5)を阻害する作用があります。

この作用によって、陰茎への血流が増加し、勃起を促すと肝がられているのです。

大脳を興奮させて刺激性を敏感にさせる作用が実験でも確認されており、末梢血管を拡張、血流をスムーズにさせる作用も分かりました。

中国では薬草の事を霍(かく)と呼び、これを食べた羊が絶倫状態になったことから、絶倫状態の羊を淫羊(いんよう)と呼び、それを合わせて淫羊霍(いんようかく)と名付けられたという歴史があるほど高いレベルで精力増強に効果が期待出来る生薬なのです。

冬虫夏草の栄養分インヨウカクの栄養