精力剤の動物系成分について

これはあまり知られていませんが、精力剤の歴史は非常に古く、江戸時代の初期頃から本格的に作られていたと言われています。

当時、昔ながらの動物の成分を利用したものが一般的であり、それを粉末にしていたものを服用していたようです。

その名残が現在でも残っており、それが日本古来の川に住んでいたスッポンであり、スッポンにはミネラルが豊富に含まれており、人間の体内で生成することができない成分が多く含まれているのです。

病気の時に精が出るものとして食べられていた点も精力剤として使用することにつながったとされています。その他にも、マムシやへび類、特にハブが動物系の代表として挙げられますね。

そこで、ハブは現在特に注目されておりハブ酒なども精が付く飲み物として昔から認識されてます。ハブは交尾を24時間ぶっ通しで行うと言われていますからね。そのことから精力剤として利用されるようになったものと考えらえています。

ハブが利用されている精力剤が気になる人が多いみたいで、関連商品について質問されている人が多いようですよ。特に、ハブ大王についての関心が高いようで同じような質問がいくつもされていますね。

それが、こちら
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13112077318

精力剤を試したいと考えている人はひとつの手段として考えてみるのも良いと思いますよ。